初めて記事作成を外注する人でもOK!
Webメディア・ブログ向け記事作成代行サービス

top visual

conceptとは

ALVOはお客様のニーズ・課題に合わせてWebメディア・ブログ
の記事を作成する記事作成代行サービスです。

concept

ALVOは担当者がお客様とコミュニケーションを通して、Webメディア・ブログ記事作成における
ニーズを汲み取り記事作成にあたるので、お客様の求める記事を作成することが可能です。
また、ALVOはキーワードの選定や画像の挿入など記事作成に付随する業務も
まとめて代行いたしますので、Webメディア・ブログ運営の完全外注化を実現します。

ALVOが選ばれる理由

選ばれる理由1

point 01

お客様のご要望にあった記事を作成

一般的な記事作成代行会社の場合、記事のタイトルと文字数のみの指定しかできず、担当者がつかないシステムを介した発注となるため、細かな要望が伝えられず、思った記事に仕上がらない場合があります。

ALVOでは発注相談をいただいた際に担当者がメールでお客様の細かなご要望をヒアリングした上で記事発注シートの作成を行いますのでお客様のご要望にあった記事を作成することが可能です。

発注シートのフォーマットでは伝わりづらいご要望については、担当者がALVOライターに直接連絡いたしますので、お客様のご要望を齟齬なく記事に反映いたします。

またどういったキーワードで記事を依頼すればいいかわからない場合はお客様の目的・課題を担当者がお伺いしてキーワードの選定の代行をすることも可能です。

関連:
発注シートのフォーマットについて
キーワード選定代行について

選ばれる理由1
選ばれる理由2

point 02

記事制作業務の完全外注化を実現

一般的な記事作成代行会社に記事作成を依頼すると、記事本文のテキストが納品されることが一般的です。

納品物はすぐに記事に反映できるわけではなく、記事テキストを使用しているメディアに転記・画像の挿入・SEOを意識した記事の装飾・タグやカテゴリの設定などが必要であり、どうしても完全外注とはいきません。

ALVOでは記事のテキスト装飾や特定フォーマットでの納品を追加料金無しで対応いたします。

また、Wordpressでメディアを運営されている場合はカテゴリの設定・パーマリンクの設定も発注シートに記載いただくことで追加料金無しで対応可能です。

画像の挿入に関しても弊社が利用する著作権フリーの画像を用いることで他社と比較して格安で対応いたします。

お客様側で画像サイトの契約があり、そちらの画像を利用してほしいといったご要望についても柔軟に対応いたします。

ALVOにご依頼いただくことで納品物をインポートする以外の作業は完全外注できますので、メディア運営者様は本来注力するべき業務に注力することが可能です。

関連:
納品フォーマットについて
発注シートのフォーマットについて
画像の挿入の料金について

選ばれる理由3

point 03

記事の品質をしっかり担保

記事作成を代行するとネット上に存在する記事をコピーした記事が納品されることがありますが、ALVOでは全記事に対して高精度のコピペチェックツールにかけることでコピペ記事の納品を防ぎます。

また、ライティング経験豊富なライターの採用と、記事の内容に関して記事一つ一つに対して校閲者の目視チェックとライターへのフィードバックをする体制となっているため、記事の品質に対して万全の体制を構築しております。

記事内容の正当性が特に重視される医療や金融、士業に係る記事をご依頼の場合であれば内容の正当性チェックの追加や専門ライターへの依頼をすることで質を担保することも可能です。

選ばれる理由3

利用料金

ベースプラン

base plan image
check mark

テキスト制作

check mark

記事装飾

check mark

コピペチェック

check mark

納品フォーマット選択

※ wordpress (sample), docx (sample)から選択

1文字あたり

1.4円

追加オプション

上記のベースプランに追加する形で自由にプランを組むことができます。オプションに関して不明な点がございましたら、相談の際に気軽にご質問ください。オプションを決めていない場合は発注相談後追加することも可能です。

check mark

画像投稿

+0.2円/1文字

記事内に挿入した状態でお渡しするので、画像挿入の手間がかかりません。お客様の方で使用している画像素材サービスがあればそこから選んで挿入することも可能ですのでご相談ください。
check mark

キーワード選定

都度見積もり

お客様のメディアの目的に合わせた記事キーワードを弊社側で選定します。
キーワード候補を検索ボリュームと上位表示難易度(競合サイトの多さ・強さを表す指標)と合わせて発注者様に提示・確認の上ライティングいたします。
キーワード候補は発注記事数×2個提示いたしますので発注者様のイメージと合わないキーワードに関しては入れ替え可能です。
check mark

専門ライター

+3円〜/1文字

士業・医療などの専門職従事者にライティングを依頼できます。YMYLの観点から、金融、医療、法律などのジャンルの場合はこのオプションをつけることをお勧めしております。

依頼内容によりましては、こちらから専門ライターをご提案させていただく場合がございますのでまずはお気軽にご相談ください。
check mark

プラチナライター

+1.4円/1文字

弊社ライターの中でも厳選された、経験豊富なライターに依頼することができます。会社のPR文や、商品紹介などの際にご依頼する方が多いです。

依頼内容によりましては、こちらからプラチナライターをご提案させていただく場合がございますのでまずはお気軽にご相談ください。
check mark

校閲

(通常) +0.4円 / 1文字
(専門) +1.5円 / 1文字

通常のチェックに加えて、他の検閲者による内容の正当性チェックを行うため、精度の高い記事となります。
check mark

納品フォーマット指定

都度見積もり

ベースプランで選択できる納品フォーマット以外をご希望の場合、その納品フォーマットに加工した上で納品します。

例えば、2000文字10記事、画像投稿オプション付きで発注した場合

1.4 (ベースプラン) + 0.2 (画像挿入オプション) = 1.6円 / 1文字
1.6 x 2000 (文字数) x 10 (記事数) = 32000

32,000円

(税抜)

※ 最低発注数を5件としております。テストライティングの際はご相談ください。

納品までの流れ

  • ヒアリング

    納品までの流れ2

    記事作成相談フォームにご入力いただいた内容を確認させていただき、担当者が詳細についてメールでヒアリングさせていただきます。

  • 発注

    納品までの流れ1

    募集内容・キーワード・タグ・カテゴリなどを発注シートに沿って入力していくだけで簡単に発注できます。
    関連:発注シートサンプルについて

  • お支払い

    納品までの流れ3

    決済用のURLが記載されたメールをお送りしますので、Web上でのクレジットカード決済または口座振込にて7日以内にお支払いください。
    ※決済完了後のキャンセルはできません。

  • ライティング

    納品までの流れ4

    ALVO担当者とALVOライターが連携しご要望にあった記事を制作いたします。

  • 納品

    納品までの流れ5

    お客様にご指定いただいたフォーマットでファイルを作成し、ダウンロード用URLをメールでご連絡いたします。
    関連:納品フォーマットについて

よくある質問

個人でもALVOを利用できますか?

個人のサイト運営者様でもご利用いただけます。
直近では企業様からよりも個人のアフィリエイター様からのお問い合わせのほうが多い状態ですのでお気軽にご相談ください。

希望の記事に対応できますか?

お問い合わせフォームよりお問い合わせいただければ弊社ディレクターより回答させていただきます。

コピペチェックは行っていますか?

コピペチェックシステムを用いて全記事コピペチェックを行っておりますのでご安心ください。

対応できないジャンルはありますか?

アダルトや公序良俗に反するもの、法律に抵触するキーワード、
また、医療法や薬機法に関わる記事は内容によっては承ることができません。

最低発注数の設定はありますか?

最低発注数は5件としております。テストライティングなどで5件以下で試したい場合はご相談ください。

納品されるまでどのくらいの期間がかかりますか?

発注記事数に関わらず2週間程度で納品いたします。

作成される記事のサンプルなどはありますか?

一例ではありますが、旅note, legate, incomy はALVOで作成された記事を元に運営しております。
要望により、違うテイストでの記事作成も可能です。

発注シートのフォーマットはどのようなものですか?

発注シートはこちらのフォーマットとなっております。

納品フォーマットはどのようなものですか?

ベースプランですと下記から選ぶことができます。
・wordpress形式 (sample)
・docx形式 (sample)

はてなブログなどのブログサービスもwordpress形式でimportできる場合もありますので、ご自身が使用しているサービスページでご確認ください。

発注はこちらから

発注